ファームウェア書込み

1.USBシリアルケーブルを接続して

  STM32CubeProgrammer を起動します。

English

中文

ファームウェアがアップデートされたり、コンパイルしたファームウェアを書き込むには STM32CubeProgrammer を使用します。

(詳しくはメーカー資料「ソフトウェア開発環境説明書」を参照して下さい)

2.UART を選択し、下記のように設定します。

Port : COMポート番号

Baudrate : 115200

Parity : Even

Tera Term を起動している場合は接続断を行って下さい。

3.基板のリセットボタンを押してから connect をクリックします。

接続に成功すれば Connected が点灯します。

4.   をクリックします。

5.Browse をクリックして

  ファイルを選択します。

6.Verify programming

  チェックを入れます。

7.Start Programming

  クリックします。

書き込みが始まり、

基板の赤色LEDが点滅します。

8.File download complete が表示されたらOK をクリックします。

続いてベリファイが始まり、

基板の緑色LEDが点滅します。

9.Download verified successfully が表示されたらOK をクリックします。

これで書き込み完了です。 

続けて configuration を行う場合は Disconnect をクリックします。

Tera Term のシリアルポートの設定を行い、

シリアルをTera termに接続して下さい。