EASEL社の920MHz LoRa/FSK無線モジュール (ES920LR2) のブレークアウト基板です。

 LoRaはスペクトル拡散技術で長距離のIoT無線通信が行えます。

 私の実験では淀川の土手で約10km、市街地で2kmの到達実績があります。

 

特徴

 1.簡単設定

    リセットスイッチやレギュレータを搭載していますのでUSBシリアルケーブルを

    つなげばハンダ付け無しで各種設定や動作確認ができます。

    USBシリアルケーブルは3.3V仕様のケーブルを使用します。

   (6PのUSBシリアル変換ボードも使用できます。FTDI社はドライバの設定を変更



 2.簡単書き込み

    上記と同じ接続でファームウェアの書き換えも行えます。


 3.ブレッドボードで簡単検証

    全てのピンを2.54mmピッチに変換していますので付属のピンヘッダをハンダ付け

    すればブレッドボードに挿して検証できます。

    ArduinoやRaspberry Piにシリアルでつないですぐに実験できます。



LoRa/FSK無線モジュール (ES920LR2)の仕様(抜粋)


MCU部 :STM32L072CZY (ARM Cortex-M0+)

メモリ: FlashROM:192KB、RAM:20KB、EEPROM:6KB

消費電流 送信時:30mA 受信時:5.5mA スリープ時:0.9uA

電源電圧 2.4~3.6V

技術基準適合認証 取得済


メーカーサイト

  EASEL社    ES920LR2 の資料 

LoRa/FSK無線ブレークアウト基板 (ES920LR2)

ピン配置

回路図

寸法図

PDF

問い合わせは下記メールアドレスまで。%を@に替えてください。

maiar_create%zeus.eonet.ne.jp

PDF

取扱説明

1.ケーブルの接続

   USBシリアルケーブル(3.3V仕様)を付属のピンヘッダを使用して接続します。

   USBシリアル変換ボードも使用できます。

   FTDI社のドライバは設定変更しておきましょう。

ピン1:黒 GND