EASEL社の920MHz LoRa/FSK無線モジュール (ES920LR3) のM5Stack用開発基板です。

 LoRaはスペクトル拡散技術で長距離のIoT無線通信が行えます。

 私の実験では淀川の土手で約10km、市街地で2kmの到達実績があります。

 

特徴

 1.M5Stackサイズ

    M5Stack にスタックしてES920LR3を使用した基板の開発検討ができます。

    ES920LR3の全てのピンが引き出されているので様々な実験が可能です。

    シリアルに使用するポートはDIPスイッチで変更できます。


 2.簡単書き込み

    出荷時には最新のファームウェア(実行ファイル)が書き込まれていますので通常

    は書き換える必要はありません。しかし、アップデートやカスタマイズによって

    書き換える場合でもファームウェア書込みスケッチで簡単に書き換えが行えます。

    config設定もスケッチを用意しました。


 3.シリアルモニタ機能

    デバッグなどに便利な機能として、M5StackとES920LR3間のシリアルデータを

    モニタすることができます。



LoRa/FSK無線モジュール (ES920LR3)の仕様(抜粋)


MCU部 :STM32WLE5JC (ARM Cortex-M4)

メモリ: FlashROM:256KB、RAM:64KB

消費電流 送信時:29mA 受信時:5.7mA スリープ時:1.3uA

電源電圧:2.4~3.6V

技術基準適合認証 取得済


メーカーサイト

  EASEL社    ES920LR3 の資料 

M5Stack用LoRa無線モジュール (ES920LR3)

English

中文

ピン配置

回路図

PDF

問い合わせは下記メールアドレスまで。%を@に替えてください。

maiar_create%zeus.eonet.ne.jp

PDF

取扱説明

アンテナは折りたたんだままでも構いませんが地面に対して垂直に伸ばした方が良く飛びます

M5Stack BASICでスタックした状態

DIPスイッチの設定

 デフォルトでは 1と 2 をONにして下さい。

 configurationのために 8 をONにして下さい。